蛇口の取り付け

蛇口の取り付けの際には、どのような事について気をつけていかなければいけないのでしょうか?どの点が問題であるかを抑えていれば、意外と簡単であり誰にでも行える事であるのが、蛇口の取り付けだと思います。しかし、現在は多くの業者が直接家に訪れて修理する形のサービスを行っています。そのようなサービスに頼らずとも出来ることは行い、少しでも家計を助ける事ができるように行って行く事が良いと思いますし、出来ることだと思います。

さて、実際にどのような所に気をつけるべきでしょうか。水を取り扱う場所ですので、一番の注意事項は「水漏れ」です。蛇口の取り付けを行った際に、水漏れをしてしまうような状態だと大きな問題です。そして、次に「固定」です。しっかりと固定しなければいけません。

当然だと思われるかもしれませんが、ここをあまく見てはいけません。蛇口は、毎日何十回もハンドルを動作させる事で、本体部に負担をかけています。取り付けの方法を油断するとネジでとめているような部分が緩んできます。緩んでくると使用感も悪くなり、ガタガタと音がなるようにもなります。そのまま使用すると、本体に悪い影響もでてきます。他の部分が故障してくる可能性もでてきます。

水漏れは、ネジ部に巻くシールテープとシールテープを取り付けた後のねじ込み方を気をつけることでほとんど対応できます。逆にこの部分をしっかりと勉強しておけば、問題ないでしょう。

タグ:     
前の記事:シャワー蛇口
次の記事:自動蛇口