水道の水栓水漏れ

蛇口の水漏れ修理

蛇口の水漏れ修理は、多くの原因では簡単に直せるものがほとんどです。それは、水漏れの原因がある一部で水をせき止める事ができなくなることによる水漏れが多いからです。その場合、水を止める事ができなくなった原因を解消してあげれば良いからです。 蛇口の水漏れ修理では、パッキンなどの部品の交換、もしくは、内部の清掃で対処できるのがほとんどです。

その為、修理が簡単になるのです。水道の蛇口の設計を行うものも、メンテナンス性を意識した設計を行っています。蛇口の水漏れ修理で一番気をつけることは、水を止める事です。水道の蛇口のタイプにもよりますが、建物全体の水の使用を止める必要が出てきます。

必ず建物全体、もしくは関係する場所の水をせき止める機構が建物には備わっています。その停止をしてください。しかし、水道の蛇口によって蛇口自体に修理に備えた止水栓をもつものがあります。そのようなものを水道の蛇口を購入する時点で、検討材料として行っていく事が良いのかもしれません。

蛇口の水漏れ

蛇口の水漏れには多くの要因があります。その要因を見つけて、対処しなければ一向に水漏れは直らないことになりますので、ご注意ください。原因を特定する事が重要です。蛇口の水漏れの例をご紹介します。一番多いのは、パッキンの劣化によって水のシール(止める)する事ができなくなることによる水漏れです。一般的には、パッキンとしてゴムの素材を使用しています。


場所によってはノンアスベストによるパッキンを使います。ゴムを使用した場合には、ゴムが劣化したり、蛇口の動作の中で、ゴムが切れてしまったりして水漏れを招く事があります。


蛇口の水漏れの中で次の多いと思われるのが、ゴミの挟み込みです。先ほどのパッキンの件と少し似ているのですが、シールする部分にゴミが挟み込まれる事によって、水を予期しない部分に侵入させてしまう事があります。それがこの原因です。

水道の水栓水漏れの記事一覧

蛇口の水漏れ修理

蛇口の水漏れ